何が成功への鍵になると思われますか?

 

生まれ(国とか民族とか時代とか)?

 

生家が経済的に裕福? 

 

IQ?

 

パーソナリティ?

 

いずれもどこかで役立っているかもしれません。

 

でも、

 

成功に導くものは、それらのものではなく、

 

Self-Control  – 自律、自制力

 

だ、とダニーデンの研究は結論付けています。

 

それは、1960年代に行われたスタンフォード大学で4歳児象に行われたマシュマロテストの結果を基に20年後に判明したでも証明されている事です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=mZUTZKbe4hI

 

15分食べないで待ったら、お皿の上のマシュマロを2つにしてあげるという条件で、子どもが待てるかどうか、よ、という実

 

今すぐにご褒美が欲しいか、あるいは、忍耐強く待って、報酬を2倍にするか。

 

マシュマロを食べてしまった子どもたちと工夫しながら15分待って食べなかった子どもたちの間には、思春期になってから、大きな開きが出てくることがわかったという実です。

 

待った子どもたちに見られたのは、

 

  • より学業が優れていること
  • ストレスにより強い
  • 計画し、理性的に考える能力をより持っている
  • イライラする況に置いて、より自制力を示す

 

さて、問題は、3、4のこの自制力は、生のものなのか、生後それまでに形成されたものなのか、ということです。

 

生後に形成されたものであれば、どのように身につけさせることができるのか。。。

 

ダニーデンの研究は、それなりの環境を構成することで、子どもはそれを身に付けることができると結論付けています。

 

では、実際には、どんな環境でその姿勢を育むことができるのか、それは、次回で考えましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中