イライラ、どうにもならない

自分の持ちを抑えられない。

 小さなことにもイライラしてしまう。

 

たまにではなく、これが、日の常、そして、ことあるごとに、腹を立て、苛立ち、不安を感じ、怒りをえ、時には人に手を出してしまうような事がよくあれば、生活や人間関係は一体どんなものになるでしょう?

 

それが、デニーデンの研究のパーソナリティのひとつ、Undercontrolledの特です。10%にあたるといいます。

  “イライラ、どうにもならない”の続きを読む

ひきこもりの予防策が見えてきた

の時に示す特質が、大人になってどう表れるのか。。。

 ダニーデンの研究は、3歳児を見て、その未が予言できる、と言っています。

 

それぞれのパーソナリティの特徴が子どもたちの中に見える際、そのうちのどこまでが生来のもので、どこまでが生誕後の環境の影響なのかは、誰にもわかりません。

しかしながら、

ダニーデンの研究では、のパーソナリティがいかなるものであっても、子どもには、どんなことでも教えられることがわかっている」と言っています。

  “ひきこもりの予防策が見えてきた”の続きを読む

順応性のある子どもたち(ダニーデンの研究から)

 

40%に相するのが、順性を持って環境に適応していくパーソナリティ。

 

このフィルムに例としてあがっているのは、エリンハリソンという自業の女性で、こんなふうに自己描写しています。

 「私の生活はよくオガナイズできているし、とってもアクティブに動くし、に合わせて行する。」

 場によって、そして、況にじて、自信を持ってリーダーになることもあるし、後ろに控えて聞いているだけこともある。どちらの場合においても、それが況に合わせた流れだから。

 自分のありように、自信に溢れています。

“順応性のある子どもたち(ダニーデンの研究から)”の続きを読む

控えめな子どもたち(ダニーデンの研究から)

15%に相するとい控えめな子どもたちというのは、

概して、かで、よく考えてから行動することを特としています。

 

行動に移すまでに時間がかかるのは、深い思考を必要とするからです。そして、考えるために、かな時間を好みます。

  “控えめな子どもたち(ダニーデンの研究から)”の続きを読む

自信家

の時に示す特質が、大人になってどう表れるのか。。。

 ダニーデンの研究は、3歳の子どもがすでにその鍵を握っている、と言っています。

 

 

28%の自信を持った子どもたちというのは、新しい挑を恐れず、むしろ、それに燃え、がむちゃらに前に前にと進み、欲しいものを手に入れる特質を持っている子どもたちです。

 

その瞬間をしみ、新しい刺激を求めて次から次と新しい方法を開拓していく。

 

企業家が多い、と。

 

例として、AJ Hacketを取り上げられています。

 

バンジージャンプをご存知ですか? 

 

https://www.youtube.com/watch?v=4wPuueSigHk

 

ハケットは、バンジージャンプを考えついた人です。エッフェル塔から違法に飛び降りるという無謀なこともしているのですが、小さな頃からスピード狂で、怖い物知らず、自分に自信があったといいます。

 

この映像から、やってみたーい!!とワクワクされますか?

 

この特質を持っていることがとてもよく見えるのは、バージングループ創設者リチャードブロンソンです。

関心をお持ちであれば、リチャードブロンソンとグーグルしてみてください。

 

 

この二人だけでなく、このパーソナリティを持った人々に共通してよく見られるのは、学校という決まりきった制度や形の中で勉強することがあまり好きではなく、そのために、特に成績がいいわけでもないことです。

 

でも、行動的で、実術と知恵に富んでいます。

 

無謀と思われることもたくさんします。

 

だから、端から見たら波瀾万丈の人生のように見えることもあります。

 

リスクも大きいかわりに、成功も大きいということになるのでしょうね。

そのリスクそのものが刺激であり、生き甲斐なのでしょう。

 

 

「ダニーデン研究」による子どもの5つのパーソナリティ

 

私たち人間は、生来の資質+環境でできあがっていることは、何度も述べてきました。

 パーソナリティ/性質/性格についての情報に触れる際には、そのことをしっかりと念頭においておくことが前提です。

 

適宜な支援によって資質を伸ばしていく上でも、

 

枠に束縛されないためにも。

 

そして、情報は、プラスに向けて使用するのでなければ、情報に価値も意味もがないどころか、むしろ、マイナス、害にさえなってしまいます。

   “「ダニーデン研究」による子どもの5つのパーソナリティ”の続きを読む

幼少期のマインドセット

 

め方ひとつで子どものやるや意識がわる。

 

環境次第で子どもはどうにでもなる。

 

子どもの生の資質が環境によって活かされてくることを示す良い研究例があります。

 

1960年代からスタンフォード大学のキャロル・ドエック(Carol Dweck)博士が続けている実験で、子どもの意識と行動は、二つにわけられる、というもの。

  “幼少期のマインドセット”の続きを読む

パーソナリティは、昔から尽きない話題

 古代から人間は、人々の気性や性格に関して深い関心を示してきました。

 

インドでも中国でも、宗教や哲学を通して、深い研究がなされてきました。

 

古代ギリシャでは、2400年も前に、人体から採取した体液と血液の混じり具合を見て、病気は食との関係が多いにあり、人々の気質はある特定の4つの特徴に分けることができると唱えた人がいます。

 

医学の父」と呼ばれるヒポクラテスです。

“パーソナリティは、昔から尽きない話題”の続きを読む

知ることのメリット/デメリット

自分の、また、他者のパーソナリティ/性質を知ることには、測り知れないメリットがあると同時に、デメリットを生み出してしまうこともあります。

何を何のために知り、どういう目的で使うかは、留意すべきところです。

“知ることのメリット/デメリット”の続きを読む

幼児期で未来が予測できる

 

何が、その人のパーソナリティ/性格を作るのか。

遺伝子?

両親からの遺伝?

環境の中で起こったことの体

 

そうした疑問に答えるための研究を続け、その答えを出し続けているのが、「ダニーデンの研究」です。
“幼児期で未来が予測できる”の続きを読む