幼少期のマインドセット

 

め方ひとつで子どものやるや意識がわる。

 

環境次第で子どもはどうにでもなる。

 

子どもの生の資質が環境によって活かされてくることを示す良い研究例があります。

 

1960年代からスタンフォード大学のキャロル・ドエック(Carol Dweck)博士が続けている実験で、子どもの意識と行動は、二つにわけられる、というもの。

  “幼少期のマインドセット”の続きを読む