信長・秀吉・家康のパーソナリティと現代社会への影響

尊敬できない上司、いけすかない部下、ジャマな同僚。

出社する前に浮かぶ顔。

あああ、あの存在さえなかったら

 

虫が好かない、気に食わない、一緒にやりにくい、苦手、馬が合わない

 そんな人たちが職場にいたら、

毎日顔を合わせ、一緒に気持ちよく仕事をするのは、とても難しいですよね。

 

そうなると、仕事そのものさえも楽しくなくなってしまいます。

 

本音を語ることなく、建前で生きている日本社会。

力を持つ人々、「権威」の意向に従わなければならず、本意を語ることができないだけでなく、本意に背くことさえあえてしなければならない状況が続けば、仕事への情熱と職場でのときめきは、削がれてしまいます。

  “信長・秀吉・家康のパーソナリティと現代社会への影響”の続きを読む