マウントコナー 隠されてしまったパワースポット

宿が無い

偶然が、おもしろい結果を生み出した。

ウルルには、観光客のために建造されたユララというリゾートがある。ウルルに車で10分もかからないで行ける。https://parksaustralia.gov.au/uluru/stay/ayers-rock-resort-yulara/

超モダンな建物は大自然の中ではとてもチグハグ。でも、エコを重点として設計されているという。

ところが、最初の2日間は、一部屋も空室が無いという。3週間ほどトライしたところで、最終的に観光庁から100kmほど離れた別の場所を紹介された(この地の宿泊は、ホテルに直接予約することはできず、すべて、ノアザン・テリトリー(NT)の観光庁が仕切っている)。

オーストラリアの有名シンガー、ガイ・セバスチャンのコンサートがあったからだと後で知った。

紹介されたのは、Curtin Springsというところ。100万エーカーの農場だという。一体どれだけの広さなのだろう…. 4046㎢って?

ウルルから300kmほど離れたところにあるKings Canyonに行きたかったので、その途中なら、これ幸いとそこに泊まることにした。

Kings Canyonまでは300km余。途中のCurtin Springsが紹介されたところ。

ところが、サイトで調べ、そこに立ち寄った人々のコメントを読むと、「人種差別をする」とか、「観光バスがなんでこんなところに立ち寄るのか理解できない」とか、まあ、ひどい評価がたくさん並んでいる。

私たち家族のこと、どうしてそんな評価しかされないのか、むしろ興味が注がれた。https://www.curtinsprings.com/ (サイトに流れる写真には、この地のこれまでの歴史を垣間見るものやマウントコナーのすばらしい光景がある)

そして、滞在したからこそ、その謎が解けたように思う。

これが宿舎の入り口
観光バスの休憩所。宿泊客が食事をするところ。
入口に立つ説明書。オーナー家族の観光発展への寄与、想像を絶する苦難な生活、マウントコナーはウルルとカタジュタと同時期に地上に突出し「3巨岩」と位置付けられていることがつづられている。

マウントコナーは、通りを隔てた遥か向こうに見える。

偶然に泊まることになったこの場所には、特別な事実が秘されていた。

過酷な歴史

オーストラリアが極めて特異な歴史を持つことは、皆さん、ご存知だろう。何万年も前からアボリジナルと総称される先住民が住んでいたこの広大な島?大陸?に1770年キャプテンクックが率いる英国の艦隊がボタニー湾に到着し、「ここを英国王のものとする」と英国旗を立て、英国が所有する土地としてしまった。勝手に!

誰も住んでいない土地として。

狩の道具以外武器も文字も持たず、王や国家といったものも存在しないこの地で、その後、先住民たちは殺戮、居住地からの追放、白人が構築していく社会からの疎外や人権の迫害を受けてきた。

取り上げられた土地は、その後、オーストラリアを植民地とした英国政府とその管理政府によって様々に分配されることになる。

砂漠のような乾燥地にあるこのカーテン・スプリングスは、1940年代に家畜放牧地としてリースされ、最初の入植者は、あまりの過酷さにリースを手放し、1956年に今のオーナーの先代、ピーター・セベリン(Peter Severin)が、奥さんのドーンとリースを譲り受けた。

ピーターは、あまりのひどさにドーンが逃げ出してしまわないように、車の鍵を身から離すことはなかったという。

1500頭の牛を引き連れたきたセベリン家、最初の年に彼らが見た人たちは、たった六人。そのうち二人は、彼らが生きているかどうかを確かめにきた友人だった。

庭に巨大なサボテンが何本か生えている。奇妙な顔がたくさん見え、どれも何かを訴えているかに見える。
新芽がいっぱい育ってきている。これが守り神なのか、それとも苦難にあがく象徴なのか。

ウルルへの最初の観光ツアーが実施されたのが1958年。ガソリンの入った大きなタンクを乗せ、アリススプリングスからエアコンなど無いバスで片道丸2日の旅。ピーターの土地は中間点。給油施設を設けた。これは、すごい先見の明。

旱魃が続けば、家畜は死ぬ。9年続いた旱魃で、1500頭の牛は400頭にまで減る。そうした過酷な状態でも観光業によって、存続が可能となった。

コロナ騒動が始まる前には、日々、20台から30台の観光バスが止まり、宿泊者も年間数千人を超え、30人の従業員が1日24時間週7日、フル回転で働くほどに重要な地となっていた。

それなのに、そこにコロナ騒動。ロックダウンで観光客は途絶えた。

私たちが行った時は、その名残で、まだ閑散としたままだった。敷地内にキャンピングカーが無料で駐車できる広い場所があり、食堂で食事しているキャンパーたちがいるのみ。

ここが現在のレストラン。木の枝を組んだこの屋根、砂漠地帯には最高。雨が降ったら、雨漏りした。

オーナー家族は、最初はぶっきらぼうな感じだったが、笑顔とユーモアとフレンドリーな姿勢を見せれば、彼らも笑顔とユーモアで応えてくれる。日中は、出歩いているので、接する機会はあまり無かったけれど、でも、とてもよくしてくださった。

このオーナー家族の自然との、そして、社会現象による凄まじい戦いは、尋常ではない。それでもあきらめない精神にただただ圧倒される。

降雨で4500頭までに増えた牛。人々の食卓に届くまでには、屠殺場での処理が必要。アリス・スプリングス(300キロ余)にあった屠殺場が閉鎖され、1200km離れたアデレードまで行かなかければならなくなった。

至難を経て、独自の屠殺場を持つ権利を得るが、それもやがて政府の方針で潰された。

旱魃が続く度に何年も苦難に耐え、時代の流れにも大きく作用される。家畜の輸出の状態があまりにも過酷であるという動画がテレビで放映され、その結果、2013年には、オーストラリアから生きた家畜を他の国々に輸出することが禁じられた。それも耐え難い痛打だった。

こうしたことは彼らが遭遇した過酷さのたったわずかの部分。それでもなおこの広大な土地を70年近く維持してきているセベリン家の人々に、本当に心底尊敬し心服した。その逞しさと苦難を乗り越える力と努力と執念に。

そして、その人たちが経営するこの簡易な宿に泊まらせてもらったことに感謝した。

マウント・コナーが人気にならないのは…

セベリン家の所有地にあるマウント・コナー。ウルルの3倍の大きさがある。

それなのに、なぜ、この岩がウルルと同様一枚岩で、見えないところでは繋がっている特別な岩が人々の関心を呼ばないのだろうか。

ある観光雑誌には、’most disappointing tourist attraction in Australia’とまで書いてある。

私有地の真ん中を幹線道路が貫いている。片側にある宿舎から車道を隔てた向こうに見えるマウントコナー。

個人の所有地にあって、ガイド付きのツアでないと行けない。ツアはある程度の人数がないと組んでもらえない。独自に近くに行くと、不法侵入で捕まるという。(日程にもう1日余裕があれば、連れて行ってもらいたかった。)

このことが人々が近付き難いものとしてしまっているのかもしれない。

ウルルは、2019年から岩に登ることは禁じられている。アボリジナルにとってこの上なく神聖な場所に登ることは、日本人なら法隆寺の屋根に外国人が登られるような感覚なのだろう。

でも、観光資源としての見返りは大きい(といって、その資源がアボリジナルの人々の生活を潤すわけではない)し、頂上に行くことを目指してウルルを訪問する人々にとっては、そこに登れないことは大きな失望となる。

ふたつの相反する考えがぶつかる中で、ついに2019年に永久に登れないことになった。それでも、観光客はここを目指す。

登ることが可能だった時には、上まで鎖が装着されていた。今は、取り外されている。政府から任命を受けてその鎖を付けたのが、実は、ピーター・セベリンだった。逼迫する家計を助けるためにアリス・スプリングスに出稼ぎに出た際、彼の技術が認められ、抜擢されたのだいう。

ここに来なかったから、それは知る由もなかったこと。

さらに驚いたのは、「マウント・コナーは、セベリン家の墓石である。ピーターと家族、そして、友人数名が岩の麓に埋葬されている」という文章だった。

私の目は、この文章に釘付けになった。

気持ちの中で引いていくものがあった。

何かがとてもまずい気がした。そして、何かが突然に開けてきた気がした。

先人あっての今

そう言えば、A4の紙に20ページに渡って細かく知るされたこの土地とオーナーの歴史を綴る冊子に、もともとの先住民のことについては、一言も触れられていない。

1770年の英国の姿勢と同じ傲慢さを見てしまったような気がした。

先住民の人々の聖なる岩。おそらく多くの先住民が埋葬されているこの地帯。彼らの魂が棲んでいるところ。そのことを尊重したら、マウント・コナーは、苦境と苦難の連続の代わりに、豊かな恩恵をこのファミリーにもたらし、旅行者からの評価も違うものになるのではないだろうか…..

そういう自分は、先祖や先人たちをそれだけ敬っているだろうか。日本にいないことをいいことに、朝のお仏壇や神棚へのお参りは兄に任せたまま。自分は、そんなお祈りも儀式もちっともしてきていなかった。

未来のことに気を取られ、未来を見据えた今にしか視線を置かず、自分がどのようにしてここに至ったのか、なぜここにいるかを先人たちが築いた視線から見ることをすっかりと忘れてしまっていた。

思い出した時に感謝するのではなく、毎朝、家族や友人や自分が現在知る人々、そして、世界の平穏を祈る時に、一緒に、先祖と、地球の大切なものを守り続けてきた先人たちに感謝を捧げることの大切さを深く再認識した。

舞っている自分が地面に引き戻された感があった。

真夜中、物音が聞こえた。

まさかあああ!

電気を作り出しているジェネレーターの音だろう。

夜明け、やっぱり外は雨。

砂漠に雨が来た!!!

投稿者: 原田房枝

An author, life coach, counsellor, and co-founding director of ICET (Inter-Cultural Education Today), a specialised program for Japanese students studying in Australia. Over twenty years she has worked with hundreds of students and parents, establishing a unique education program focused on language learning, as well as cultural understanding and personal development. Her coaching seminars guide families in how to strengthen their relationships and build happiness, especially with teenagers. She has lived in Sydney since 1980.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。