睡眠、いかに大事か。。。

それは、よく知られていること。

 

でも、幼の睡眠が、その後にこれほどに影響するとは!!

 

昔から言われている「寝る子は育つ」には、根拠があることだったのです。

 Sleepy-puppies-9415133-1600-1200

三つ子の魂百までと同じように、それにする科学的、身体的、心理的明が明らかになってきています。

 

ダニーデンの研究では、5から11の間、子どもたちの睡眠時間を調し、20年後に睡眠に関する調を行ったところ、次のようなことがわかったということです。

 

子ども時代の睡眠不足がその後どのような影響を及ぼすか。。。 

  • 運動不足と重なり、より太る傾向にある
  • ホルモン分泌がうまく行かず、お腹がすいたとかもう一杯になったという信号が出せなくなる
  • 思春期に過度の不安に襲われやすい
  • 認知能力に影響し、学習に影響する 
    • 認知能力というのは、物事を知、認識し、取り入れ、知的活動をすることです。それがうまく行かなければ、学習が損なわれることは言うまでもありません。
    • 起きているに学したことは、睡眠の記憶として刻まれます。その時間がなければ、学能力に支障が出ても当たり前です。
    • 大人も寝不足がくと、考えられなくなりましょう? それが、子どもの頃から連的にくのだとしたら、健全な生活ができなくなる危険性は充分に予測されます。
    • 発達障害」にする情サイトをむと、幼の睡眠について困っている例がよくられます。発達障害だからではなく、睡眠が十分ではないから、障害とられる象が起こっている、ということなのかもしれません。発達障害を予防するひとつの示唆となるかもしれません。
    • 寝不足がけば、大人だって仕事の率が落ちることは自明の理でしょう。

 

睡眠の長さがここまでの影響を及ぼすとは。。

 

でも、睡眠は、形として見えるもので、睡眠がなぜ上手に取れないかには、いろいろ理由があります。

 

睡眠のメカニズムをよく明しているサイトがあります。

https://matome.naver.jp/odai/2138301234129457101

 

日本の若者たちの睡眠時間が、概して、短いことはよく知られています。

 

もう言われない言葉かもしれませんが、受「四当五落」から始まって、在は、音やインタネットに真夜中、あるいは、夜明け近くまで耽り、学校の授で居眠りする若者たち。

 

くまで仕事し、通勤電車の中で仮眠し、週末に眠りを確保したい大人たち。

 

豪に日本から留学してくる若者たちが、家族の就時間が長い事に最初はとてもびっくりします。良い睡眠時間が取れることに慣れてくると、学習に集中できるし、意欲も湧いてくることに付きます。

 

そして、日本にってまた睡眠時間が短くなり、とたんにだるい疲れを感じるようになる若者たちがいることは不思議ではありません。

 

のない子どもたち、学習に集中できない子どもたちがいたら、その子たちの睡眠態を改善することは、学習の向上に役立ちます。

 

大人のみなさんも、ムリを重ねず、日の睡眠をしっかりと確保しましょう!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中