自分の持ちを抑えられない。

 小さなことにもイライラしてしまう。

 

たまにではなく、これが、日の常、そして、ことあるごとに、腹を立て、苛立ち、不安を感じ、怒りをえ、時には人に手を出してしまうような事がよくあれば、生活や人間関係は一体どんなものになるでしょう?

 

それが、デニーデンの研究のパーソナリティのひとつ、Undercontrolledの特です。10%にあたるといいます。

 

感情のコントロールがうまくできず、とても神質。

 

から出ないInhibitedのパーソナリティ同、新しい体には関心を示さず、珍しいものは好まず、環境の化を好まない。

 

反社会的な行為に及ぶことがあり、刑を科されることもある。

 

仕事をする生活に慣れることが難しく、学校を出てから、職を得るまでに長くかかるかもしれない。失業が縁遠いものではなくなる。

 

例として登場するのは、Dan Wadsworthという刺青師。

「一度カッとしたら、制御できなくなる。持ちを抑えることができない。」

 「夕べ、した。2時間ってこない。その、ずっと、拳を握り、手が震え、すらできない。それほど、怒りでいっぱいだった。」

 「もし、もし?と考えるで、自分を失い、冷静でなんていられない。」

 「(子どものからずっとそうだったし)大人になった今でも抑えられないのは、同じさ。」

 

感情を制御する難しさを語っています。

DSC04743 

研究者は、このタイプに分類される子どもたちは、大きくなってから心病や糖尿病を患う危が多いと言います。

 

他のパーソナリティに比べて、STD(性感染症)や肺の病を患う人々が多い、と。

  

彼らは、衝動的なので、怒りや敵意に出会う体をたくさんするのだけれど、同時に、センセーショナルな刺激を求めている。だから、外出し、無防備でセックスし、早い時期から喫煙する。お酒も他の人々よりは飲むし、暴飲する。当然、体に大きな負担がかかる。と研究者は言います。

 

 

ダニーデンの研究のすごいところは、こうした傾向が大人になってからわかるのではなく、幼少時、幼稚園にあがる頃にはそれがわかることです。の時に示す兆候は、23になっても同じなのです。」と研究者。

 

まさに、生まれた時から40年以上、千人以上の人々を追った研究だからこそ、こういうことがわかるのですね。

 

では、3でわかっても、どうにもならないのか。。。

 

それが、次回の容です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中