控えめな子どもたち(ダニーデンの研究から)

15%に相するとい控えめな子どもたちというのは、

概して、かで、よく考えてから行動することを特としています。

 

行動に移すまでに時間がかかるのは、深い思考を必要とするからです。そして、考えるために、かな時間を好みます。

 

ダニーデンの研究発表には、このパーソナリティの例として、食べ物と病の関係について研究し、今流行のパレオ式のダイエットを推する栄養士として活躍しているJulianne Taylorが登場しています。

 
多分友達は私のことをかな人と言だろと思。」

自分のもともとの性分としては話はせずに起こっていることを傍察する。

パーティとか、人々の集まるところや、特に新しい人々と出会う場に行くには、本の自分の性分を上書きするための努力が要る。

 

 

このパーソナリティの特質は、スイスの精神病理学者/心理学者であるカールユングが提唱している向性に重なるものです。

 

 

向性、外向性という言葉とその概念は、一般的に社会でもっとも誤解されているものだと言えます。

 

「内向性という言葉から、皆は、どのような言葉を思いつかれますか?

 シャイ、恥ずかしがり屋、口下手、引っ込み思案、人見知りする、人嫌い、出不精などですか?

 

違うのです!!!  

違うのですよ!!!

まったくの誤解です!!!

 

向的というのは、関心を持つことに関する思考や感情が、内面で行われ、や行という形で外に出していない状態を指し、それがあまりにも深く壮大であるために、外に向けて出すまでには時間がかかるのです。

 

内面の世界は、とても忙しく、かで、しく、キラキラとしているのです。

 

でも、それが外にえません。 だから、何を考えているのか、どう感じているのか、他の人々にはよくわからず、上のような印象で判断してしまいがちなのです。

 

この特性を持つ子どもたちは、小さなから、友ぶよりも、1人で何かに中になっていたり、本をんでいる時間を好むかもしれません。

 

大人たちは、一ぶ、友を持つことに重点を置くので、本来のとても美しい資質を、否定的にてしまい、それを「へんだ」と思ってしまうことがあり、そう思うこと自体が問題だということにが付いていません。

 

だから、友とあそべ!と1人でしんでいる時間要しかねないことになります。

 

子どもがそれをいやがってもちっともおかしくないのです。でも、大人は、さらにそれがおかしい、と感じてしまうことが多々あります。

 

大人が理解すべきことは、時間はかかっても、ゆっくりと考え、研究するので、控えめの人々は、大人になってくると、社会の財になるようなものを考え出し、創り出し、造り出すということです。

 DSC06825

ちょうど、目立たずかに咲いているけれど、その持つ香りは、いろいろな形で人々の生活に貢献するラベンダーの花のような感じです。

 

りで深いところを詰めていく芸術家や職人さん、研究者の多くに、小さな頃から、人々との交流という場面においてはこの特質が見えていたことでしょう。

 

アインシュタインや、映画Beautiful Mindの主人公になっているジョンナッシュや昆虫記したファーブルも、この特質を持っています。

 

子どもたちが持つこの特質が花を開かせるためには、集中している時には、周りがそれを妨げない事です。彼らの集中力は、宝物です。将来の成功にもっとも必要な資質として活きるようになるためには、小さな頃からその資質を否定されず、尊重されることが決定的に大事になります。

 

ただし、テレビの前での長時間、スマフォのゲームは、推できません。むしろ、意して避けるべきでしょう。

 

ロゴとかお描きとか、自然の中での遊びや体を動かす遊び、動物との一緒の時間など、子どもがしんで夢中になるもので、そこに創造性が含まれていたら、彼らの情緒は豊かに養われていきます。

 

この部分がたされていなかったら、大人がめるいろいろなことは嫌がるようになるかもしれません。充分にたされていれば、他のいろいろなことにも喜んで取り組むでしょう。

 

それは、昨日の自信家の子どもたちも同じことです。やりたいと思うことを、危、ムリ、と次々と取り上げていったら、彼らは、欲求不を募らせ、大人の言うことを聞かなくなり、い事をしたり、さらにもっと危なことに走るようになるかもしれません。

 

たまたま昨日シドニーで開催されていた脳科学の研究会に行ってきたのですが、2歳までの刺激は、それで将来が決まるほどに決定的に大事であることが、何度か謳われていました。

 

だから、幼少期には、子どもが生来もって生まれたものがどんなものであれ、幸せな人生を歩めるよう健全なパーソナリティを形成していくためには、一緒に遊ぶ大人の存在がとても、とても、大事です。 

 

子どもが嫌がり抵抗する時は、周りの大人は無理強いせずに、彼らのニーズがたされているかどうかをまずチェックしてみましょう。

 

投稿者: 原田房枝

An author, life coach, counsellor, and co-founding director of ICET (Inter-Cultural Education Today), a specialised program for Japanese students studying in Australia. Over twenty years she has worked with hundreds of students and parents, establishing a unique education program focused on language learning, as well as cultural understanding and personal development. Her coaching seminars guide families in how to strengthen their relationships and build happiness, especially with teenagers. She has lived in Sydney since 1980.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。